野良時計

野良時計

安芸市のシンボル「野良時計」

家ごとに時計のなかった明治の中頃、土地の旧家で地主であった畠中源馬氏が自分で時計組み立ての技術を身につけ、歯車から分銅まで手づくりで作り上げた時計台。
この時計台の原型は、当時畠中家の台所にかかっていた八角形の米国製の掛時計で、これを何度も分解しては組み立てて時計の構造を学んだといわれています。
古くから周辺で農作業をしていても遠くから時間を知ることができ、「野良時計」として現在も多くの人々に親しまれています。

【見学の注意事項】
野良時計は個人の住居です。内部公開等はしていません。外から外観を見学するのみとなります。
東側に駐車場(無料)がありますのでご利用ください。大型バスも駐車できます。

フォトギャラリー

スポット情報

住所 安芸市土居638-4
電話番号 安芸市商工観光水産課 TEL:0887-35-1011
営業時間 外観のみ見学自由
見学所要時間 約10分
アクセス 土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線安芸駅より車で5分、元気バス野良時計前下車10分。
駐車場 あり
ホームページ http://www.city.aki.kochi.jp/life/dtl.php?hdnKey=42

アクセス

野良時計
観光スポット一覧に戻る

一般社団法人 安芸市観光協会

お問合せtwitterfacebook高知県安芸市矢ノ丸1丁目4-32
TEL:0887-35-1122 FAX:0887-35-2818

©2016 AKISHI TOURIST ASSOCIATION All Rights Reserved.