郷土出身の力士

郷土力士

現在、活躍中の郷土力士

現在、安芸市出身の郷土力士「栃煌山」が大相撲で頑張っています。

「栃煌山」には郷土後援会もあり、後援会に入会すると、四場所ごとの番付表や会員グッズなどをもらうことができます。「栃煌山」ファンの方はもちろん、大相撲に興味のある方はぜひご入会ください。

詳しいことは、「栃煌山」郷土後援会事務局(安芸市教育委員会生涯学習課内:0887-35-1020)までお問い合わせください。

土佐ノ海、栃煌山

土佐ノ海関(現・立川親方)

土佐ノ海関は、昭和47年2月16日、安芸市に生まれました。相撲を始めたのは安芸第一小学校5年生の時。安芸少年相撲クラブに入ってからです。

安芸中学に入ると、県中学選手権大会1年の部で優勝、県中学校総体3年の部で優勝し、高知高校に上がってからは、平成元年の全国高校新人選手権大会で全国優勝するなど、才能をいっきに開花させます。

同志社大では、西日本学生選手権大会三連覇など、4年間で15のタイトルを獲得しました。

平成6年に伊勢ノ海部屋に入門後、春場所幕下最下位(60枚目)格付け出しでデビュー。十両を優勝2回の4場所で通過、通算8場所のスピード出世で平成7年名古屋場所で新入幕を果たしました。

栃煌山関

土佐ノ海と同じく安芸市出身の力士。中学校3年生の時には、中学生横綱に輝きます。

明徳義塾高進学後、高校卒業を待たず2005年1月場所には初土俵を踏みました。その後、驚異的なペースで出世を続け、2006年7月場所には東幕下筆頭で6勝1敗とし十両昇進。 初土俵から所要10場所での十両昇進は貴花田や朝青龍、などと並ぶ史上9位タイのスピード出世で、初土俵から負け越しなしという好成績を収めました。また、十両昇進と同時に四股名を本名の影山から栃煌山に改めました。

偉人・郷土出身者一覧に戻る

一般社団法人 安芸市観光協会

お問合せtwitterfacebook高知県安芸市矢ノ丸1丁目4-32
TEL:0887-35-1122 FAX:0887-35-2818

©2018 AKISHI TOURIST ASSOCIATION All Rights Reserved.